大人ニキビ化粧品 ビーグレン 妊娠中 使える

MENU

ビーグレンは妊娠中のニキビにも使える?

ビーグレンは妊娠中のニキビにも使える?

多くの女性がニキビ悩みを抱える時期の1つに、妊娠中というのがありますよね。
妊娠中にはホルモンバランスが一気に変化したり、また食べる物の嗜好が偏ってしまったりすることから、ニキビができやすくなります。

 

ですが、この時期には下手に薬を使用するのは怖いですよね。
皮膚に塗布する薬であっても、なんとなく赤ちゃんへの影響が気になるものです。
そこで活用したいのが、薬よりも穏やかに作用する化粧品や医薬部外品です。

 

ビーグレンは、有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合した医薬部外品で、ニキビによる炎症を効果的に抑えてくれます。
このグリチルリチン酸ジカリウムには、ステロイドに似た作用があることが分かっており、配合量には厳しい制限があります。
ですがビーグレンに関しては、安全を維持できる量を考慮して配合されていますので、そこまで危険なものと考える必要は無いでしょう。

 

ビーグレンの化粧品の中で、妊娠中に特に注意が必要なのは、ハイドロキノン誘導体を配合した美白シリーズです。
ニキビシリーズは基本的には大丈夫と判断しても良いのですが、不安な場合には、医師に相談してから使用してください。

 

それから、もしビーグレンのニキビケアシリーズを、妊娠中や授乳中に使用してみて、何らかの肌トラブルが起こった場合には、すぐに使用を中止しましょう。
もちろん体調に異変が起こった場合も、使用を中止してください。

 

妊娠中には体も肌もデリケートな状態になっているので、普段は何でもない化粧品でも、トラブルが起こることもあります。
天然由来にこだわったオーガニックコスメだからと言って安全とも言い切れません。
例えば植物由来の成分にアレルギーを起こすリスクだってあるのです。

 

そのため、ビーグレンに限らず、妊娠中のニキビケア化粧品選びにはとにかく慎重になることが大切です。

ビーグレンは365日の返金保証がありますので、万が一、肌に異変を感じてしまった時でも安心ですね。