大人ニキビ化粧品 ラ・ミューテ 乾燥肌 工夫

MENU

ラ・ミューテを乾燥肌に使う場合はどんな工夫をすれば良い?

ラ・ミューテを乾燥肌に使う場合はどんな工夫をすれば良い?

ラ・ミューテは大人ニキビ専用のコスメですので、思春期ニキビケア向けのもののように、皮脂を取り過ぎて潤いまで奪ってしまうといったことはありません。
肌に潤いをもたらしてくれる、保湿効果という面でも優れたアイテムであると言えます。

 

ただし、あまりにも乾燥がひどい場合には、使用方法に工夫をしてみると良いですね。
こちらは洗顔料と化粧水、美容液という3つのステップによるケアになっています。
基本の使用方法としては、洗顔後に化粧水を手の平で顔全体に馴染ませます。
その後、美容液を使って完了という感じで、とても簡単です。

 

目元や口元など、特に乾燥しやすい部分に関しては、化粧水や美容液を多めに重ねづけしてみてください。
使用量の基本は、化粧水は500円玉大程度。
どれから、美容液は6〜10滴程度となっています。
乾燥具合に合わせて、使用量を調整すると良いでしょう。

 

さらに、あまりにも乾燥がひどい時の裏ワザとも言える使い方があります。
まず洗顔。
こちらの洗顔料は肌の潤いを守りながら洗い上げてくれる優秀なものではありますが、ここに美容液を3滴ほど垂らし、泡立ててから洗えば、洗い上がりのしっとり感がさらに増します。

 

それから、普段は基本的に手の平で馴染ませる化粧水ですが、乾燥がひどい時には、コットンにたっぷり含ませて使ってみましょう。
顔に5分ほど乗せて、コットンから潤いを肌にじっくりと浸透させます。

 

このような保湿ケアは、テカリがひどい時にも過剰な皮脂分泌を抑える効果が期待できます。

乾燥肌や脂性肌がひどいと感じる時には、このようなちょっと一工夫のあるケアを実践すると、いつも以上の効果が実感できるかもしれませんね!