ニキビ化粧品 比較 肌質 混合肌

MENU

混合肌のニキビケア

油分が多い脂性肌の部分と、水分が不足しがちな乾燥肌の部分が混在しているのが混合肌です。
混合肌にも色々なタイプがありますが、その多くは、Tゾーンに油分が多く頬や口元、目元といった部分が乾燥してしまうタイプですね。
そのため、部分的にニキビができやすく、特にTゾーンのニキビを繰り返しやすい傾向があります。

混合肌のスキンケアのコツ

部分的に肌の状態が違う混合肌は、スキンケアも難しく感じられがちですね。
ニキビケア化粧品は、肌の油分の調整に役立つだけでなく、乾燥を防ぐためにも働きかける効果があるものがほとんどなので、うまく使えば混合肌のケアにも最適です。

 

そんな混合肌のスキンケアのコツとしては、部分的にスキンケアアイテムの使用量を変えることです。
化粧水は顔全体に丁寧にパッティングし、その後のクリームなど、油分多めのアイテムは、乾燥しがちな部分は多めに、テカリがちな部分は少なめに使用しましょう。

 

それから、洗顔の際にも最初にTゾーンに泡を乗せてから洗顔することで、バランスのとれた肌状態になります。
部分別に化粧品を使い分けるのは面倒でも、順番や使用料を変えるだけなら気軽にできますね。

 

混合肌を改善するために!

混合肌は、部分的にニキビが起こりやすい困った肌状態ですね。
そんな混合肌を改善するためには、化粧品の使い方だけでなく、生活面でも注意していくことが大切です。

 

特に混合肌になってしまう要因として大きいのが、ホルモンバランスの乱れです。
そんなホルモンバランスの乱れを起こす原因になるのが、睡眠不足、ストレスなどですね。
毎日、良質な睡眠をたっぷりとることは、ストレスの解消にも役立ちます。

 

混合肌改善のために、まずは睡眠の質からしっかり見直してみましょう。