大人ニキビ化粧品 ニキビ跡 治療 病院

MENU

病院でのニキビ跡治療

 

クレーター状のニキビ跡やケロイドとなったニキビ跡は、セルフケアでは治癒しません。
そのような状態のニキビ跡は、医療機関で適切な治療を受ける必要があります。

 

また、色素沈着などによるニキビ跡でも、医療機関を受診してみるという選択肢もあります。
お金はかかりますが、コンプレックスの解消に役立つことなので、受けてみる価値はある方法だと言えますね。

 

レーザー治療

ニキビ跡を改善するための治療法として、定番なのがレーザー治療です。
コラーゲン生成に役立つ効果のあるレーザーを照射することで、凸凹状態になったニキビ跡も改善できる可能性があります。

 

また、色素沈着を早く改善できるレーザー治療もあります。
レーザーにも様々な種類があり、受ける医療機関によって取扱いがあるかどうかも様々です。
まずは受診して、症状を専門家によく見てもらい、効果が期待できるレーザーの治療があるかどうか確認しましょう。

 

ピーリング

肌の古い角質を取り除き、新しい皮膚を再生させるピーリング。
医療機関でも受けることができ、ニキビ跡にも高い効果が期待できます。

 

クレーター状のニキビ跡や色素沈着など、幅広いニキビ跡に効果が期待できる方法です。
美容皮膚科などで受けられます。

 

注入による治療

ニキビ跡がクレーター状であったり、ケロイドになっている時には、注入による治療法もあります。

 

クレーター状の場合には、コラーゲンやヒアルロン酸を注入します。
これらの成分により、皮膚のくぼみを盛り上げるのです。

 

また、ケロイドになっている場合には、ステロイドの局所注射が受けられます。
これにより、症状が目立たなくなる効果が期待できます。

 

薬による治療

症状に合わせて、塗り薬や飲み薬を処方されます。
塗り薬としては、ハイドロキノンやトレチノインなどがよく処方されます。
それから、クレーター状のニキビにはレチノイン酸というコラーゲン生成を促進する薬が多く用いられます。

 

また、色素沈着のニキビ跡には、トラネキサム酸という成分の飲み薬が有効と言われています。
それから、薬ではありませんが、ビタミン剤の摂取も効果が期待できますね。
医師とよく相談のうえ、これらの使用を検討しましょう。